オーディオメーカーだから実現できたKG-200の高音質

ヘッドセットというと一昔前までは、一部の人達にしか需要がなく、そこまで知名度も高くありませんでした。しかし、ゲーマーが増えたことから、スカイプなどで仲間とコミュニケーションを取りながらプレイするスタイルが多くなってきました。そのため、ヘッドセットが必要不可欠アイテムになり、需要性が高くなったことから様々なホームオーディオ機器メーカーが続々とヘッドセットを発売するようになりました。

私はMMOゲーマーですが、ダンジョンに行く時はPTメンバー達とスカイプで会話しながらプレイすることが多いです。ダンジョン中はチャットする暇がないので、スカイプを使用することで連携プレイが上手くできるようになるので、基本プレイの一部になりました。

今回注目したのは、ホームオーディオ機器メーカーのKlipsch Group(クリプシュグループ)が出した、初のゲーマー向けヘッドセット「KG-200」です。Klipschブランドは50年以上もの歴史をもつ老舗オーディオ機器メーカーなんです。日本でも認知度の高い耳栓型のカナルイヤフォンをヒットさせたメーカーでもあります。

KG-200の機能性

KG-200はUSB給電が必要なワイヤードヘッドセットです。標準で対応しているのはPC、PS4、PS3、Xbox 360の4つのハードです。専用のアダプターを使用することでXbox Oneでも利用可能ですが、この場合は国内サポート外になるので注意です。

デザインは黒と灰色のツートンカラーで落ち着いた印象を持ちました。シンプルなのにスタイリッシュなデザインは好感触です。エンクロージャは、40mm径の標準サイズのスピーカードライバーを搭載しています。コンパクトなのにしっかり厚みもあるのが特徴とも言えますね。

16Hzから23kHzまでの周波数帯域をカバーしており、通気性のいい柔らかい素材をつかったクッションは、長時間の着用でも不愉快に感じないようにできています。安いヘッドセットは長時間つけていると、耳が痛くなったりクッションが耳に触れる面積が広く、蒸れたりしてかゆくなってしまったりするんですよね。ヘッドバンドはストッパー機能がある素材なので、ズレにくく試合中など直す暇がない時でも安心して着用していられますね。

気になる音質!

音質テストでは、iTunesでの音楽視聴、CoD4、BF3を使用しています。

iTunesの曲を視聴した結果、Fidelityでは低音、高音のが綺麗にしっかり伸びています。一般的なヘッドセットと比べると低強高弱が自然ながらに綺麗に聞こえる作りになっていることがわかりました。Combatでは、低音が強調されます。Stealthは、低音高音とのバランスよく聞こえるため、長時間のリスニングなどには適していると言えます。

CoD4では、銃声音がかなりマイルドに聞こえます。ガツンとした高音の銃声音が好みの人は迫力を感じられないかもしれません。ただ、Fidelityの迫力のある質感とStealthのバランスの良い音質は、長時間プレイには最適と言えます。私はFPSのガツンとした銃声を長時間聞くのは頭が痛くなるので苦手なのですが、音質がマイルドになりつつ迫力を感じられるというのは魅力的に思えました。ゲーム用BTOパソコン比較でもおすすめされているように、パソコンだけでなくゲーミングデバイスも揃えるべきだとわかります。特にFPSは音が重要です。

BF3では、元々低周波が多いため、Fidelityだと低域が多すぎて聞き取りづらいです。Stealthにすると全体的なバランスがよくなり、ボイスなども聞き取りやすくなります。BF3で使用するならStealthがおすすめです。

ヘッドセットを変えるだけで、音質が全然違って聞こえるのには感動しますよね。モードも切り替えられることで、ゲームによって自分の好みの質感に合わせられるのも、ゲーマー向けのヘッドセットならではと言えます。長く使用できるので、ゲーマーなら1つは持っていて損ないアイテムです。